Ryoma Maeda Profile

2minutes Ryoma Maeda profile Ryoma Maeda & Romantic Suiciders Profi Ryoma Maeda of Virgin babylon records, as the leader, Haji metal of former Midori, and Shigeyuki Kimura of former Arakajime Kimerareta Koibito Tachi E, gathered around and formed the world’s first synthesizer garage punk band holding Keytar, wearing leather jackets, along with drums and explosive […]

「Naive Diary / milky-chu」(Full track commentary)

2021年9月24日にリリースした、milky-chuの復活リリース第二弾!「Naive Diary」 milky-chuが贈るおっさんが作る狂気の子供音楽ナイーブ編! 子供部屋おじさんに捧ぐ狂詩曲(ラプソディ) まだ未聴の方は以下より是非聴いてみてください! ではまずは1曲目 1.Funny Dance for Me おそらく2000年代初頭に作ったトラック。現FL Studio、当時Fruity Loopsという名前だったDAWをメインに機材で制作。このFruity Loopsにプリセットで入っていたTB-303風のシンセベースの音が好きでこのトラックにも使っている。 メロディアスなシンセのアルペジオフレーズは、MC-303のアルペジエーターONの状態で、MC-303の小さい鍵盤弾いて作った。(はず) 続いて2曲目 2.Electric Satie たまに作りたくなる3拍子のトラック。3拍子の曲は好き。これも2000年初頭ぐらいに作った。 当時、エリックサティが好きだったので、まぁそれ風って感じでしょうか・・・。(たぶん) 続いて3曲目 3.December 色々なアーティストのアルバムにたまに入っている「インターリュード」が好き。(アルバムの途中に入っている短い曲) なんかワンアイデアだけで作られたようなトラック。聴くのも好きだが、作るのも好き。というわけで、元々はアルバムのインターリュード用に作ったトラック。 続いて4曲目 4.Like a Rolling Beans 元々はもう少し長い曲だったが、真ん中の美味しいとこだけ取り出した。という感じ。 淡々と、ゆるく転がるようなトラック。だからタイトルはLike a Rolling Beans。 5.Naive Diary アルバムタイトル曲でもあるトラック。 ナイーブ = 素直な、とか素朴、とかそんな意味で使われますが、つまりイメージとしては、2000年代初頭に大好きだった竹村ノブカズ率いる、Childiscのアーティストのトラックみたいなイメージで作った曲。 素朴で、飾り気が無く、ちょっと実験っぽいトラック。そんな感じです。 ちなみにフィールドレコーディングの音は、奥多摩で録った音。 というわけで、milky-chuのアンビエント作品集とも言える、「Naive Diary」の全曲解説でした。是非、聴いてみてください! Ryoma Maedaへの楽曲制作・Remixなどのご依頼はコンタクトフォームよりご連絡くださいPlease send us your requests for music production, remix, etc. […]

milky-chu releases music collection “Naive Diary”

Release of “Naive Diary,” a collection of naive music by milky-chu Can be listened on subscription/download services!!!!!! 【Spotify】 【iTunes/Apple music】 【bandcamp】 Please send us your requests for music production, remix, etc. using the contact form.

Ryoma Maeda Works

Ryoma Maeda Works