「Justice Little League​(​Returns) / Ema Grace」Full track commentary

Justice Little League (Returns) by Emma Grace, released on October 1, 2021, is a romantic, avant-garde gem.

Subscription & Streaming: https://artists.landr.com/692531101334

bandcamp: bandcamp

and more………..

So, the first track!Let’s get start!

1.Justice Little League(Returns)

A hero of justice comes over

Everyone expects him

As we fight against our enemies

Destroy the city, kill your family, kill your friends

If so, kill the family members of the hero and kill your friends

Let’s make a hero’s mother a bitch

Let’s take all the hero’s family in medicine

From the safety zone I shout justice at SNS

という皮肉っぽい内容の曲です。

正義の反対は、別の“正義”

という、パワプロの名言にも影響されている。

とはいえ、ボカロでそんな社会派っぽい歌詞の内容の曲を作ったらどんな感じだろ〜なーという実験的な意味で作ったという面もある。

タイマーズで育った世代なので、一度は作ってみたかった社会派的な曲!

続いて2曲目

2. Refrigerator

これはデモ版の段階をsoundcloudにアップしているので、是非ともそれと聴き比べて聴いて欲しい曲。

デモ版の時に比べるとだいぶ音数を減らし、必要な音だけを濃厚にして、Lohi Hip Hop的なアレンジにした(つもり・・・)

デモ版作ってから長い間、煮え切らない感じで残っていたが、全体的に満足いくアレンジと構成になってちゃんとリリースできてよかった。

続いて3曲目

3. Autumn Leaves

これも2曲目のRefrigeratorと同じく、だいぶ前に作って、曲としては気に入ってるけど、なんかアレンジが煮え切らんなーと思っていた曲。

最初のバージョンを作ってから数年が経ち、もう一回アレンジしてみよーと思い立って、思いっきり音を削り、シンプルにしたらしっくりきたー!!

という事で、適度にロマンチックな構築美みたいなものが実現できたんじゃないかなーと思って最高にお気に入りの曲になった。

タイトルも最初のバージョンはは「Autumn」というタイトルだったが「Autumn Leaves」に変更。言わずもがな、日本だと「枯葉」の名で有名なジャズスタンダートと同じタイトル。各種サブスクサービスで、ジャズのスタンダートの方を検索した人が間違って辿り着くように・・・・

というわけで、Ema Grace「Justice Little League​(​Returns) 」の全曲解説でした。ちなみにジャケ写はタイ・チェンマイでの水かけ祭りの時の写真。Justice Little League というタイトルに超マッチ!


Please send us your requests for music production, remix, etc. using the contact form.