dav

ハイヴァン峠をバイク(2ケツ)で越える


先日、ふと貸していただいた
沢木耕太郎の「一号線を北上せよ」をメキシコ行きの機内で読破した。
ベトナムの1号線をホーチミンからハノイまで北上する旅の話し。

その影響というわけでもないが、
どっか行きたくなった。

ちなみに前に鉄道で北上した版は ↓ こちら。

ハイヴァン峠をベトナム鉄道で越える

ちなみに前にチャリで南下した版は ↓ こちら。

夏だしベトナム ダナンからタムキーまで往復約150kmのチャリの旅

で、今回はバイク2ケツ。
ですが、バイク2ケツでダナンからフエまで行くのは
高校野球風に言うと、「春夏通じて2年ぶり2回目」。
バイク 2台とオレ含め同僚3人で出発。
せっかくなので1部屋で3シングルベッドの一人千円程度、、のタコ部屋ホテルを予約し、
男3人の1泊2日の週末旅。
タコ部屋と言いつつ実は別にそんな悪いホテルでもない。
オレ、バックパッカーじゃないし、汚い部屋嫌い。。。なので。
部屋が1Fで窓がなくて若干暗いぐらい。

ダナンから目的地フエまでは前回の経験から休憩も含め最短の道で片道3時間程度の見積もり。
午前10時半ぐらいに3人合流し、さぁ出発!と思ったら、、思わぬ大雨
ベトナムの雨期はすぎて、最近雨降らなくなったなーと思ってたら久々の大雨
sdr
しょうがないのでしばらく雨が小雨になるまで雨宿り。
10分程度待って、まだ雨は降ってるけど待つのも飽きたので、意を決して出発。
雨のハイヴァン峠をバイクで登っていく。
ハイヴァン峠には、トンネルもあるが、車のみでバイクは走行不可。
バイクでトンネル通過した場合はトラックにドナドナされて進むらしいが、
そんなことはせず峠を登る。
btrhdr
峠を登っている途中で雨が止んだ。
というより、雨が降ってる場所から外れた。
途中から全く道路が濡れてない。
雨が外れた思ったら高度のせいで寒さが訪れた。
「マジ寒い!」
さっきまで「暑い!」と思ってたのに。
一応、こんな時の為に、旅の際は念のため持ってくる
長袖を羽織ってしのぐ。

頂上付近で一度休憩。
周りは霧に包まれている。
dav
dav
峠の頂上を無事超え、
下る、、、、下る、、、、、
いつの間にか気温も上がる、、、、、上がる、、、、
ビーチリゾートでもあるランコーあたりに入る頃にはすっかり暑くなった。

ランコー超えて、さすがにちょっと疲れてきたのでしばし休憩。
ベトナムコーヒー飲んでしばし休憩。
edf

15分ほど休憩して、再度出発。
前に行ったラグーンを横目に1号線を北上する。
途中で雨が降り出し、カッパを着る。
しばらく走ると雨がやみ、暑くなる。
そんなことを繰り返しながら、頭の中でQUEENのI Want To Break Freeを脳内再生しなが進んでたら
思いの外、早くフエの中心街についていた。

昼飯にフエ料理を食い、
もう何度目の訪問か忘れてしまった王宮を一応観光し、
特に行きたい場所もないし、
かといって酒を飲み始めるにはまだ少し時間が早い、
ということで、、適当に気の赴くままにバイク2ケツ走り回ってたら迷子になった。
なんとなく川を渡った対岸が滞在先のホテルがあるのはわかっているが、
街の中心から離れてしまったからか、川を渡る橋がなかなかない、、、
来た道戻ればいいのだけど、それは面白くないので、ひたすら橋が現れるまで走る。
やっと登場した橋を渡ってみたが、渡った先は、どう行ったらいいかよくわからない田舎の街。
人に聞きながらなんとか戻れた。
迷子になるのは楽しい。

夜は酒を飲み、就寝。

翌日、ダナンへの帰りは1号線で帰るのはやめて
遠回りではあるが、海沿いの道を選択し帰ることに。

フエ中心街から海側へ10キロ程度走り
海沿いの街を南下する。
GOOGLE MAP上ではこのまま海沿いの国道を南下し、
ラグーンの東側から回り込み
最終的に1号線に合流する予定なので、
たぶん何も考えなくても到着しそうだなーっと思ってたら甘かった、、、

海沿いの街まで到着し、、
海沿いの国道をしばらく南下してたら
まさかの途中通行止め!
sdr

1号線に戻るにはもう進みすぎている、、
道の小脇に止め、しばし作戦会議。

とりあえず、横の方に小さい脇道があるのでそこ入って行けばなんか行けそう
という予想で舵を切る。

途中、GOOGLE MAPにも出てこなこんな道が現れて、、これどっち???って迷ったり。。。
btr

また通行止めに遭遇したり、、、

旅でどっちに進むのが正しいかわからないことはよくあるけど、
そんなのどうせどっちが正しいかわからないならとりあえず進んでみて考えた方がいい

そんなこんなで最初は真面目にgoogle map見て考えていたが、
途中から面倒になって、勘で適当に進むようにした。

そして勘で進む方が旅は面白い。
dav