party

ワンマンライブ「~破裂に向かって~」ドキュメント vol.3 – 運命の舵をキル!編


12月23日(祝)に新宿motionで開催されるRyoma Maeda & Romantic Suicidersファーストアルバムリリース記念ワンマンライブ「シンセサイザーガレージパンクバンド~破裂にむかって~」リアルドキュメント
大成功に終わり破裂するか!?大失敗に終わり破裂するか!?是非ともこの連載とともに見届けてください!

■前売りチケット予約 / ライブ詳細

Amazonで購入
Tower recordsで購入
iTunes Storeで購入
bandcampで購入
OTOTOYで購入(ハイレゾ)

前回の記事>>>

Ryoma Maeda & Romantic Suicidersのリリースパーティーの向けて、対バン求めて三千里状態となったオレたちですが、かといって安易な妥協で対バンをブッキングしたくない。

選択肢は
・あのバンドをブッキングすべく、値下げ交渉を維持したまま失礼を覚悟で再度お願いする
・あのバンドをブッキングすべく、赤字覚悟で最初の提示額を受け入れる
・妥協して別の対バンを探す

この3つか、、、と思い。僕は2時間ほど悩みました。。。。

ピコーン!ひらめいた!

思いついたのはまったく違う答え。
その3つの選択肢から選ぶのではなく、
ワンマンライブにしてしまおー!

ファーストアルバムを出したばかりで、ライブも数回しかやっていないオレたちがワンマンライブとは!常識的に考えれば無謀な考えであり、そもそも集客できんのか?!という不安が付きまといます。
しかし、僕は思い出しました!
カイジと利根川の勝負を!
そう、、、あのときのカイジの言葉を・・・
「変でいい、変でなきゃダメだ…狂ってなきゃ、逸脱してなきゃ悪魔は殺せない…!常軌を逸してこそ開かれる、勝ちへの道が…!」

この際、「オレらが戦ってる悪魔って誰よ?」って疑問点は置いといて。
とにもかくにもオレらは運命の舵をキリ、ワンマンライブの方向へ進んでいきました。
そして、そう決断したとき、運命のいたずらか、、、たまたま僕のPCからBGMで流れていたのはX JAPANの「BLUE BLOOD」!
そこでパッと!このワンマンライブのタイトルがひらめきました「~破裂に向かって~」
これしかない!

僕は即、関係者へワンマンライブでやる旨とタイトルは「~破裂に向かって~」ということをメールし、成功のハードルがまた高くなった荒波へ舵をきっていきました。

さて出演者とワンマンライブのタイトルは決まって一安心かと思いきや、またまた困った問題にぶち当たってしまいました。
ワンマンライブということはつまり出演者はオレたちだけ。当たり前です。(オープニングアクトとか入れたら別だけど)
つまり今まで出演したライブイベントみたいに30分程度のライブではない。
つまり曲がけっこういるよねー・・・・
オレたちパンクだから2分とか3分の曲多いんだけど・・・・
あれ!?ファーストアルバム全曲やっても30分ぐらいじゃねーか!!!
さすがにワンマンライブで30分で「はい、終了」ってわけにはいかねーだろー!!!

さてどうするか・・・
X JAPANのオルガスムみたいに間奏めちゃくちゃ延ばして、客席で暴れたり、消火器ぶっ放したりして(←怒られます)1曲20分ぐらいの曲にするか・・・・
パンクから魂を売り、プログレ野朗となりイントロで5分、ソロで5分、アウトロで5分といった構成にするか・・・・・

僕は悩みました。
そんなとき僕の心の中から聞こえてきたのはジョーストラマーのあの言葉…
「punk is attitude not style」
つまりパンクはスタイルではない!その姿勢だ!といった感じの言葉。

そうだ、忘れていた、、、この手があった!!!とそのとき僕はひらめきました。

その話しはまた次回(毎週火曜日更新)来週へつづく・・・
次回予告「困ったときは中2の頃を思い出せ!」編で!

■2015年12月23日開催 リリースパーティー「~破裂に向かって~」開催!チケット予約受付中