back2

Ryoma Maeda & Romantic Suiciders新譜情報流出解禁!


Ryoma Maeda & Romantic Suiciders新譜情報いつ解禁しようかなーとうかうか考えてたら、
なんとネット流出!
ま、解禁日は特に指定していなかったのでいいんですが、、、

というわけでなし崩し的に情報解禁!

アルバムは10月21日全国発売!
アルバムタイトルは「シンセサイザーガレージパンクバンド」!!!

Amazonで購入
Tower recordsで購入
iTunes Storeで購入
bandcampで購入
OTOTOYで購入(ハイレゾ)

ジャケはこれ↓
jaket
価格は税込み2,000円!!

そしてトラックリストはすべて渾身の邦題をつけてます!
1.Runaway Girls – 涙のラナウェイ・ガール
2.Fancy Rider – 気まぐれ暴走野郎Rチーム
3.Underground Residence – 分譲地下暮らしの1/3の感情
4.Never-Ending Perversion – 終わりなき変態
5.Against – 反抗して、反対して、反抗して
6.Pistols – あいつはセックスピストルズを聴いたってよ
7.Flow Ballad – 昨日はスローモーションの中で寝た
8.Fancy Rider(TK風remix)
9.Pistols(AFX風remix)

アルバム解説
Virgin babylon recordsのRyoma Maedaを中心に、元ミドリのハジメタル、元あらかじめ決められた恋人たちへのキムラシゲユキが集結し、ショルキーと革ジャンと爆音とドラムをかかえて世界初のシンセサイザーガレージパンクバンドを結成。
ギター、ベースを一切使わずシンセサイザーとドラムのみでかき鳴らす偽装ロックンロール、偽装ロカビリー、偽装パンク、シンセサウンドが心地よい偽装シティポップ、最後は痙攣のようにクレイジーなドラムとピアノが織り成す偽装スローバラードまで、キャッチーなメロディーニ爆音シンセサイザーサウンドが高速で展開するシンセサイザーガレージパンクの大傑作。

アルバムレコーディングはスタジオを一切使わず、自宅と都内某所のコンクリートうちっぱなしのビル地下、というガレージパンク精神あふれる方法で行われた。remixには○○風というまったく新しい試みのremixを収録。

Ryoma Maedaアルバムへのコメント
「先日ライブのとき、フロアでかぶりつくようにオレらのライブをじっと見ている小学校低学年ぐらいの男の子がいて、ライブ後に聞いた話しによると、その子は最近、宇宙とストーンズが大好きらしい。
その時、オレはそんなキッズをとりこにしてしまうこのバンドの成功を確信したね」

さてさて、
今後のリリースまでの予定ですが、9月12日のダイジェスト版の音源公開!
そして9月中には各ショップでの予約も開始するはず!
そして10月前半にはリリースパーティーの情報解禁!
そして10月中旬にはミュージックビデオ公開!
そして10月21日にはめでたく発売!

の予定です。今後ともよろしくお願いします。

 

Amazonで購入
Tower recordsで購入
iTunes Storeで購入
bandcampで購入
OTOTOYで購入(ハイレゾ)

Ryoma Maeda of Virgin babylon records, as the leader, Haji metal of former Midori, and Shigeyuki Kimura of former Arakajime Kimerareta Koibito Tachi E, gathered around and formed the world’s first synthesizer garage punk band holding Keytar, wearing leather jackets, along with drums and explosive sounds.

They never used a bass nor a guitar in the album, but all the sounds are composed by using synthesizer and drums. Songs in the album could be described as camouflaged rock n roll, camouflaged rockabillly, camouflaged punk, and camouflaged city pop with cozy synthesizer sounds. At last, convulsant crazy drums and piano makes a camouflaged slow ballad.
Catchy melody and high speed explosive synthesizer developed the masterpiece of synthesizer garage punk____

They never used studio for recording, but they recorded in their houses or underground garage surrounded by unfaced concrete filled with garage punk spirit.
Remix songs are in the style of brand new method.

About this album, Ryoma Maeda says:
“This kid about third or fourth grade was really staring at our live so hard. When our live was over, I heard that kid was saying he’s favorite things are the universe and The Rolling Stones.
That moment, I can say with confidence that our band will be successful because we can rock those kids and make them crazy. ”