live

ワンマンライブ「破裂に向かって」渾身のセルフライブレポート~それはまさに破裂の夜だった!


暮れも押し迫った2015年12月23日、東京、新宿、15時すぎ。
前日からの寝不足と、巨大機材を積んだカートの重みで体をふらつかせながらオレは新宿駅へ降り立った。
そう、今日はRyoma Maeda & Romantic Suiciders ファーストアルバムリリース記念ワンマンライブ「シンセサイザーガレージパンクバンド~破裂にむかって~」の開催日なのである。
この日の為に数ヶ月前から色々な準備をしてきた。その集大成というか、結果を出すのが今日なのである!!

新宿Motionへ到着すると、ハジメちゃん、キムさん、爆裂映像担当のShozyさん、爆音PA担当の宋さん、みんな到着していた。
ほどなくしてサウンドチェックが始まる。
ワンマンライブなのでサウンドチェックの時間に余裕があるのがうれしい。
いかにオレたちの爆音サウンドを作れるか・・・そこがキモである。基本的には爆音PAの宋さんにおませつつ、サウンドチェックを進める。

第一部「爆音の夜」と第三部 「~破裂に向かって~」のリハが終わり、問題の第二部「ガレージの部屋」のリハへ突入。
何が問題かというと、第二部に関しては今日が初めての音合わせなのである。
実際にライブ見ていただいた方には理解できる話しだと思うのですが、、、、、見ていただいていない方にはなんのこっちゃ??という話しだと思います。 ※そこは後述の第二部レポートにてご確認ください。

無事リハも終わり。しばしの休憩。
各自、それぞれの時間をすごす。

オレはとりあえずコンビニいって、リポビタンDの一番高いやつ買って飲んで、満身創痍の体を奮い立たせる。
会場に戻ると本日物販担当してくれるマガリさんが到着してた。
しばし、中東問題とストーカー問題について水曜討論。
結論はラーメンを食べに行く、ということで決着。しかし、オレはライブ前にがっつり食うのは嫌なのでやめておく。

19時 – 会場オープン。
フロアのBGMはX JAPANの「Art of life」※ライブ版 が流れ
オレは一人、motionの楽屋で精神集中。
というか、あまりライブ前に人と話すとネタばらししてしまいそうなので、
一人twitterでのエゴサーチでもしてすごす。

19:30ちょい前。定刻通り始めるか、ちょい押すか、スタッフの方が楽屋に確認しに来た。
会場のBGMがちょうどいい盛り上がりのとこだったので、10分押すことにする。
ほどなくしてハジメちゃんも、キムさんも楽屋へ戻ってきて、第一部スタートやステージに出ていくタイミングを再確認する。

19:40 – 第一部「爆音の夜」ライブスタート
X JAPANの「WORLD ANTHEM」がSEで爆音で流れてついに第一部「爆音の夜」が始まる。

1曲目は新作アルバム「シンセサイザーガレージパンクバンド」から.Fancy Rider – 気まぐれ暴走野郎Rチーム」でスタート!いい爆音!最高のグルーヴである。
続けて間髪いれずに「Underground Residence – 分譲地下暮らしの1/3の感情」がスタート。映像には映画「アンダーグランド」のひっちゃかめっちゃかのシーンが流れ、ライブバージョンで長尺になったハジメタルのソロが冴える。
そして1~2曲目の勢いもそのままにまさかのカバー曲、TOKIO「LOVE YOU ONLY」をぶちかます!

その後、MCを挟んで、オレたちのテーマ曲的な「We Are Romantic Suiciders」。最後は爆音ノイズと爆音2ビートで攻めまくる。
勢いもそのままにRyoma Maeda「fantastic suicide」からの曲「Roll Over Beethoveeeen」へ突入。

そして第一部最後はまたアルバム「シンセサイザーガレージパンクバンド」からの曲、「Against – 反抗して、反対して、反抗して」
ライブアレンジ版で最後が爆音になっていくバージョン。
最後はメンバー3人とも力尽きるまで爆音を出し、ステージに倒れこむ。
その背後で静かに流れてくる「ENDLESS RAIN」。。。。
最後の力を振り絞り、3人で支えあいながら立ち上がり、客席へ一例。
まさに「爆音の夜」というべき終了で第一部終了。しばしの休憩タイム。

役10分後、第二部「ガレージの部屋」スタート。
第二部はまたしてもX JAPANの「WORLD ANTHEM」のSEでスタート。※但しちょっとピッチ高いバージョン
間髪いれずに永ちゃんの「I LOVE YOU,OK」のイントロが流れ出す、
それに合わせてRyoma Maedaが一人登場し、おもむろにマイクを掴み歌いだす。
つまり日本が世界に誇るカルチャー!クールジャパン!カラオケである!
カラオケをバックに歌うオレ。しかし歌詞を忘れて3回くらい「いつもお前が燃えてる~♪」と歌ってしまう・・・。

そして続いてハジメタルが歌うTMネットワーク「GET WILD」へと続く

そして続いてキムさんの歌うジュリー「時の過ぎゆくままに」

そして最後は3人で歌うBOOWYの「Dreamin’」

会場は感動の嵐!!!半数近くが号泣してました。
最後は3人とも力尽き、その背後で静かに流れてくる「ENDLESS RAIN」。。。。※ちょっとピッチ高いバージョン
第三部の予告をし、第二部「ガレージの部屋」は終了。
しばしの休憩タイム。

そして、ついに最終章「~破裂に向かって~」の幕が上がる。
第三部の開演前、オレがハジメちゃんにふと言ったひと言が忘れられない・・・・未来をを予言していたかのような・・・あの一言が・・
「パソコンさえ止まらなければ今日は成功です!」
そう、細かいミスはあるにせよ、第一部の出来は満足いく出来だった(第二部はおいといて)、
このまま第三部も突き進んで最後まで駆け抜けることができればオレたちはこのライブに勝ち、成功したようなものだ!という気持ちが芽生えてきた。

さぁショーマストゴーオン!である。第三部「~破裂に向かって~」は開始した。
1曲目はベンチャーズ「パイプライン」のカバー。よい勢いである。
2曲目は新作アルバムより「Runaway Girls – 涙のラナウェイ・ガール」。スタジオリハではぎりぎりまでオレのショルキーアレンジをどうするか悩んでいたが、最終的にシンプルにしていい感じでハマッタ。
続いてRyoma Maeda名義のアルバム「fantastic suicide」から「Stay Free,I’m not Free」この今日はシンセのメロディーを弾くのが非常に難しい曲で、しかもハジメちゃんとオレのユニゾンでそれを弾くという難易度の高い曲である。ちょっとでも集中力を失うとミスってしまう。なんとかそれを乗り切り。
第三部も後半戦、続いてはクリスマスシーズンを彩る、戦メリとChoo Choo Trainのマッシュアップカバー「ちゅーめり」。
続いて「Pistols – あいつはセックスピストルズを聴いたってよ」も爆音の中いい感じで完奏。

そしてついに最後の曲、あの名曲、、、、
この長い旅のゴールである曲「Are You Experienced? (in my life)」
これまで無事、突き進んできた旅も最終コーナーである。

ドーン!!!!!!!

これまでより一層増したかのような爆音でイントロが流れ出す。
ついに最終章へと突き進む!
この曲はざっくり3部ぐらいの構成でわかれている約8分の曲なのだが、
最初のパートが無事終わり、中間の部分のノイズの嵐になる、、、
ハジメタルは客席は降りショルキーを弾きまくる、
オレはステージ床に倒れこみ渾身のノイズを弾きまくる、
キムさんは渾身の爆音ドラムをたたき出す、、、、
もうこれはあと数分、最後まで突き進むだけだ、俺たちの勝利は掴んだようなものだ!と思った矢先、

急に、音圧がガクンと下がった。。。。

PCから出している音が止まったのである。
しかし、オレはあわてなかった、スタジオリハのときもたまにそんなことがたまにあり、その時は数秒たつとそのまま音が復帰してきたからである、
PCの画面を見ると、トラックの再生は進んでいるようだ、、、なので数秒待てば適当に進んだとこから再開できる、
そのような万が一のときの練習もしてきたオレたちなら大丈夫なはずだ・・・そんな思惑があったのである。

しかし、数秒待っても音は復旧してこない・・・。
これはいよいよまずい予感がしてきた。ショルキー弾きながらサングラスをとってPC画面をまじめにみた。
とりあえずトラックの再生は進んでいるようである。「戻ってこいーー!!」とドラマで医者が死にかけた患者へ叫ぶようなテンションでオレの心の中は「戻ってこいー!!」と叫んでいた。。
しかし願いもむなしく戻ってこない。。
ここは、中途半端であるが、ここでこの曲を打ち切ることにした。
なんとか終わりっぽく演奏し、いったんライブを閉めた。

楽屋へ戻ったオレたちの悔しさは半端なかった・・・ここまでやってきたことが最後の最後でゴールにたどり着けなかった・・・・・。
オレも悔しいが、、メンバーの悔しそうだった、、その気持ちを感じ取ったオレは、、よし、アンコールやろう!と呼びかけ再度オレたちはステージへ戻った。

オレのこれまでの経験ではDAWを再度立ち上げなおせば音は戻ったことがほとんどだった為、今回もすぐ復旧できるだろうと思っていた・・。

しかし、再度DAWを立ち上げなおしても音が出ない。あれ、、、っとあせっていたら、今度はPCがブルーバックの状態で再起動しだした・・・
いよいよこれはヤバイ状態である・・・。
ステージの上でPCのトラブルシュートやることほどつらいものはない。プレッシャーと戦いながらトラブルシュートする、
再起動後、さぁー今度こそ大丈夫だろうー!と思ったらやっぱ音が出ない!というかオーディオインターフェイスから出ずにPCのスピーカーから音が出てる!?あれ??
ここでオレはいまさらながら今回のトラブルの原因を把握した、オーディオインターフェイスの電源が抜けて、急にアウトの設定が切り替わっていたのである。。。
再度、USBの抜き差ししたが、設定が戻らない。単純にデバイスの設定だけであればサクっとできそうであったが、各トラックのパラアウトの設定もしており、どうもそれも含め最初からやり直さないといけないっぽい雰囲気・・・
これはちょっとつらい・・・しかもこれで本当に完全に修復できるか未知数の状態である。。。
ステージに出てきたはいいものの、すでにお客さんには待ってもらっている状態・・・
ここは大きな決断をするしかなかった、、、、

そして決断した。
やはり、これでライブ終了!!!

本当にごめんなさい。である。
もうしわけない。がこれがこの場では最善の選択だと判断した。

次回かならずリベンジします!
オレたちはここで破滅しません!!!!

そう誓い、ライブ終了後、みんなで重い機材を抱え外へ出たらまさかの雨、、、機材の大敵、雨・・・。
ENDLESS RAIN。。。
そこでオレの心は破裂しました・・・
パーん。。。。。