hu_0

ハイヴァン峠をベトナム鉄道で越える


ハイバン峠は、ベトナム ダナン – フエ間にある峠なのですが、
なかなか美しい峠です。

フエ – ダナン間の移動方法は色々あるのですが、
個人的にはベトナム鉄道での移動が一番好き。
なぜならハイヴァン峠を越えるあたりが非常に美しいから。

ちなみに鉄道、電車には特別な思い入れはないです。
どちらかといえば電車は嫌いな方。

それはともかく、
ベトナム南北鉄道に乗ってるとまさにそこは「世界の車窓から」的な風景。
hu_17

何度か乗ってますが、せっかくなので改めてまとめ。

ダナンからフエは朝8時とか9時ぐらいに出て、昼の12時とか13時ぐらいに着く列車があるのでちょうど良い。
ちなみに時間を曖昧に書いてるのは、(時期によって?)タイムテーブル変わるようなので。。。
オフィシャルはこれ
http://giotaugiave.vr.com.vn/

あと、ベトナム鉄道は絶対遅れる、、時間通りにこない、とか聞くけど、
実際は意外と時間通りに出発する。

というわけで、
出発のちょい早めの朝9時頃、ダナン駅に到着し。
まずはチケットを買う。
チケットがeチケットの自販機みたいなのができてて、
人がいるカウンターは簡易的になってた。
特にネットであらかじめ予約はしてないので、人のいるカンターで買う。
hu_1

しかし、人がいない。。。。
まぁこんなことはベトナムでよくあることなので、
慌ててはいけない。。気長に待つ。
数分後、発券担当の女性が戻ってきて無事発券。

一番安い、ハードシートでよかったが、満席らしく、
エアコン付き、ソフトシートで購入。

ちなみに、個人的な各シートの感想は、
・ハードシート = 一番安い。エアコンもないし、シートは直角で木の椅子だけど、日本ではありえない混沌とした感じが最高(ただし、3時間以上の場合はきつそう)

・ソフトシート = 中途半端な高級感、別に対して高級でもない。一番中途半端。

・寝台 = 一番高い。でも思ったより綺麗。快適。

という感想。

自動改札はあるけど、人が立って、手動でチケットをチェックする、
自動ではない自動改札をぬけ、

hu_2

出発。
hu_3
hu_4

中途半端な高級感のソフトシート席
hu_5

座席は全て指定席だが、
番号がよく見えないので勘で座る。たぶん「19」なはず。
hu_6

行きの
ハイヴァン峠はあいにくの雨模様
hu_20
hu_21
まぁそれはそれで美しい。

昼の1時前ぐらいにフエへ到着。
フエの名物などを食う。飲む。遊ぶ。

そして帰り。

hu_8

15分遅れぐらいで、列車は到着。
帰りは寝台を購入。

ホームの売店でビールを買って乗り込む
hu_7
hu_9

ダナンまで3時間程度とはいえ
やっぱり寝台は快適
hu_12
hu_11

帰りは天気も最高
そしてハイヴァン峠をまた越える
hu_13
hu_14
hu_15
hu_16
hu_17
hu_18

Yes, I think to myself, what a wonderful world